出品を考える #1【自分の強み・得意を知る→商品の原石→商品化のヒント】

このガイドページでは、REQUで商品を出品する販売者の方向けに

  • どういう商品を出品すればよいか?
  • 商品になりうる材料を探す

をテーマにポイントをご紹介します。



商品の原石を探す

まずは、あなたが普段時間を費やしていること・好きなことを思い浮かべてみてください。
それが他の誰かより少しでもうまくできると思ったら、ズバリ、それがあなたの強みであり得意なことです!

誰かより得意なことは、REQUで『商品』として出品できる可能性があるため、その得意を整理しながら商品化していきましょう。
自分の『得意』が見つかったら、それを商品の『原石』にします。

例えば、人とコミュニケーションをとることが得意だとします。
普段の生活でも、仕事・プライベートを問わずに必要な能力ですし、対面で行うコミュニケーションだけでなく、Web上のコミュニケーションもあります。
しかし、コミュニケーション力に関して専門知識をもっている方は無数にいますし、その情報も書籍やWEB上に多数存在します。
そのような状況の中で何となく出品をしても、その商品が選ばれることはなかなか難しいかと思います。

ではどうずればよいのでしょうか…?


原石を分析し磨き上げる

自分の得意を細分化し、『勝ち目』はどこかを見極めましょう。

コミュニケーションをとることが得意といっても

  • 対面なのか?
  • Web上なのか?
  • 男性に対してなのか、女性に対してなのか?
  • 同世代に対してなのか、年の離れた人に対してなのか?
  • 仕事上のコミュニケーションなのか、プライベートなのか?

など、複数のパターンが考えられます。
自分はどういうコミュニケーションが得意なのかを考え、専門家にも勝てるポイント、『勝ち目』を見極めて商品化を検討しましょう。

例えば、会社でのコミュニケーションに自信があると思っている場合、それは、同じ部署の同僚との話に限ったことなのか、部署や年齢、性別関係なく円滑なコミュニケーションをとれるのかなど、具体的なパターンがあるかと思います。
その得意なパターンを見つけてみましょう!


商品を買う『誰か』を想像する

どんなによい商品だとしても、それを買う人がいなければせっかくの出品が台無しです…
自分では得意なことが『不得意』である誰かのために、その商品に興味を持ってもらうような切り口、手に取ってくれるような商品内容を考えることが大切です。
『職場でのコミュニケーションに困っている人』と『好きな人とどうやって親密になるか、そのコミュニケーションに悩んでいる人』とでは、商品の内容がまったく変わってきます。

『自分の勝ち目』×『誰に向けた商品であるか』

を考えて商品化することが、売れる商品の大きなポイントです。



次は[出品を考える②『自分を知ってもらう・勝ち目のある魅せ方』]です

REQUガイド - アプリVer.

REQUガイドは、REQU [リキュー] の使い方を紹介するガイドサイトです。サービスの使い方や困ったときのサポート窓口としてご利用ください。

0コメント

  • 1000 / 1000